響 ~ What's "IKI" thing for you ~

お知らせ。
この度ネパールで発生した地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
私たちは少しでも現地の方々への支援になればと思い、当イベント収益の一部をネパールの被災地支援の募金に充てたいと考えています。また当日は、会場にてネパールの地震被災地に向けて皆様からの寄付を募りたく考えております。何卒ご協力のほど宜しくお願いいたします。

本物をカジュアルに伝える

古来の”いけばな”をパフォーマンスに昇華、エレキベースやお経との競演を果たした華道家。ニューヨークのタイムズスクエアでゲリラ茶会を敢行した茶道家。”日本文化をカジュアルに伝える”ことをミッションとした私たち「粋プロジェクト」は、そんな”アナーキー”な人たちと共に第一歩を踏み出しました。そして2015年新春には、スウェーデン人落語家と若き日本人剣士とのコラボレーション、そして先述の華道家によるピアノ、VJ、舞踊とのアートワークを披露するなど、従来の日本文化を知る方々からは「狂っている!」と言われてもおかしくない活動を続けて来ました。

「狂っている」・・・それは私たちにとって”褒め言葉”です。

私たちは、日本のみならず世界の宗教や歴史、文化などを、教養分野の第一線で活躍する専門家を招いて学んできました。そんな私たちは、世間から見ればまだまだ青二才でしょう。しかも私たちのメンバーには「日本文化の何を知っているんだ?」と言われてしまうかもしれない外国人もいます。そんな私たちが「自分たちの流儀」で日本文化を伝える試みを、今年1月に開催。日本人のみならず諸外国出身の人たちも参加し、いずれからも大絶賛のお声をいただきました。 そして2015年5月10日。私たちは再び「粋でカジュアルな和の祭典」を開催します。日本文化一色だった前回から早くも脱皮、今回は海外から舞踊団をお招きしてお届けいたします。 日本と世界の文化が響き合い新たなものを生み出す3時間。題して「響~〜 What's "IKI" thing for you?〜~」の開催です。

外から目線だからこその観点で『書道の本質』に迫る

書道家:堀本虹馬 落語家:ボルボ亭イケ也(ニルソン・ヨハン)

世界の人たちが感じた東京や日本を、英語と日本語で発信するインタビューメディア「My Eyes Tokyo」(MET)がリアルに出会った外国人たちの目線で東京や日本の今を伝える、それが「東京外から目線」。
今回はデザイン・アート書道家/アート書道研究家、堀本虹馬先生をゲストに迎えて書道を語っていただきます。インタビュアーは第1回目に引き続き、スウェーデン出身の落語家、ボルボ亭イケ也(ニルソン・ヨハン)さんが務めます。日本の伝統・文化に魅かれ来日したボルボさんに日本の書はどのように映るのか?前回の”剣士”に並ぶ異色のコラボレーションに予測不能な展開を乞うご期待!

My Eyes Tokyo WEB SITE 日本語 | English

Bolivian - Colombian Carnival

NPO法人 日本ラテンアメリカ友好協会

萌芽 いけばなLIVE

いけばなと、音楽と、言霊。

古より洋の東西を問わず史を紡いできたそれぞれの響きが、
今宵、映像という触媒を伴い、舞台でひとつの鼓動を刻みはじめる。

花色。

一枝一葉、その瞬間そこにしかない、植物という生命の姿。鋏によって、指先によって、あらたな姿がその中から浮かび上がる。

声色。

ゆらぎ、うねり、かさなり。
その人の胸奥から口腔を経て広がる言霊は、空間の中で共振し。 祈りの念が、その場の者たちの魂をふるわせる。

音色。

白と黒、その二色しかない八十八の鍵盤は、無限の組み合わせによる音色を紡ぎながら、闇と光の中にひとすじの"色"を浮かび上がらせる。

映色。

光を透かしながらも、内と外との柔らかな結界ともなる障子は、この現世(うつしよ)と常世(とこよ)との間にあって、銀幕となり、今宵、人ならぬものの往来する門となる。

出演

花:龍生派家元教授 今井 蒼泉
音:Michiko Nishi
映:RGB
[スペシャルゲスト:円能院]
佐藤隆一

2015年1月12日開催『幻燈夜』のフィナーレ

BIG SHIPの船旅

日程
Date
2015年5月10日(日)
May 10 (Sun), 2015
時間
Time
15時半開場 / 16時開演 / 19時半閉会
Open: 3:30pm / Start: 4pm / Close: 7:30pm
会場
Place
本所地域プラザ BIG SHIP 4F
BIG SHIP (1-13-4 Honjo, Sumida-ku, Tokyo)
8min walk from Kuramae Station (Toei Asakusa/Oedo Line)
12min walk from Asakusa Station (Tokyo Metro/Toei Asakusa Line)
12min from Honjo-azumabashi Station (Toei Asakusa Line)
15min walk from Ryogoku Station (JR)
入場料:
前売り:2,000円 当日:2,500円
(小学生以下入場無料)
前売り券のお求め:Peatixでチケット購入
In advance: ¥2,000 *Advance ticket is available HERE!
At the door: ¥2,500
*Elementary school children and under: FREE
Hope to see you soon!
演目 16:00~ 四方払いの儀
16:10~17:20 東京外から目線 presented by MET
17:40~18:10 Bolivian - Colombian Carnival
18:40~19:30 萌芽 -いけばなLIVE-

楽市楽座

誉田 哲郎(TETSURO HONDA)

(協)日本イラストレーション協会代表理事、シップクリエイティブスタジオ代表/イラストレーター・アートディレクター
武蔵野美術大学デザイン科卒。1994年に独立。以後フリーランス。広告美術/ディズニー関連のグラフィック開発他、各種ブランドの立ち上げ、キャラクター・ソーシャルゲームの開発、設定に数多く携わる。2011年に博報堂で参加したサントリー天然水/Web広告キャンペーンにて電通賞、ADFEST Gold Prize他受賞多数。World Wide Sketch Crawlなどスケッチによる海外クリエイターとの交流も活発に行なっている。今年から、龍や日本神話を中心にした表現でライブペイント/作品を制作。日本に残る様々な伝承を寺社仏閣に絵で残す目標の実現に向け作家活動を再開した。

[Flickr] [Facebook}

Keith Suzuki

広告/デザイン会社を経てフリーに。イラスト、グラフィックを手がけながら、常に新しい表現を模索。2013年よりボールペンによるオリジナル作画方法で新たな作品を多数発表。
[JILLA理事]

Web Site

虹囲 なな

切り絵をしています。ステンドグラス風作品が多いですが、最近は、和風作品も手がけ始めました。たくさんのひとが笑顔になれるような作品を、作っていけたらと思っています。

Web Site

かちのちのら

Web Site

高塩みど梨 [gulii]

湧き上がる嬉しさと、ひらめきから生まれる奇跡のアクセサリー。
触れる人たちへこの幸福が届いて、これからもずっと続き、拡がりますように。

Web Site

ボリビア展示
ボリビアの民芸品や写真を展示予定

BIG SHIP [会場]

開催場所は墨田区本所。
「粋プロジェクト」の名にふさわしい江戸情緒あふれるこの街に、時空を切り裂くが如く屹立するイベントスペース”BIG SHIP”から『伝統とモダン』『格式とカジュアル』『陰と陽』が波のように織りなす海原を渡る旅に出ましょう。かつて「江戸の外れ」と言われたこの街から世界中に日本文化を発信するための大きな一歩を、ともにBIG SHIPの船旅に出かけましょう!

〒130-0004 墨田区本所1-13-4 本所地域プラザ BIG SHIP 4F
BIG SHIP ホームページ

電車でお越しの方

都営浅草線・都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩8分
東京メトロ・都営浅草線「浅草」駅より徒歩12分
都営浅草線「本所吾妻橋」駅より徒歩12分
JR「両国」駅より徒歩15分
Google MAPで地図を見る

バスでお越しの方

◆東京都バス
「本所一丁目」バス停より徒歩1分
墨38(東京都リハビリテーション病院前)(両国駅前)
草24(東大島駅前)(浅草寿町)
都02(錦糸町駅前)(大塚駅前)
門33(亀戸駅前)(豊海水産埠頭)
◆区内循環バス
(すみだ百景すみまるくん)
19番「若宮公園入口」バス停より徒歩3分
Google MAPで地図を見る

注意事項


お問い合わせ

■前日までのお問い合わせ
東京都新宿区津久戸町4-1 ASKビル2A
株式会社ケイツー・インタラクティブ内
『粋』プロジェクト実行委員会 担当:永田勝也
電話:03-6413-6451 FAX:03:6413-6452
■当日のお問い合わせ
会場受付にて承ります。
イベント当日はお電話、メールでのお問い合わせは承れませんのであらかじめご了承ください。