響 hibiki -What's 'IKI' thing for you?-)

2015年5月10日(日)粋でカジュアルな和の祭典『響 -hibiki- ~ What's "IKI" thing for you ~』を開催しました。タイトルである『響 -hibiki- (いろいろなバックボーンの人たちが集まり共鳴し文化交流する)』『~ What's "IKI" thing for you ~ (あなたにとっての粋を探す)』、を見事にイベントを通して再現することが出来ました。『和を以て貴しとなす』世界が国境を越えて会場に広がっていました。

フォトアルバムを見る

- Introduction 四方払いの儀 -

イベントは、後藤佑介氏による四方払いの儀からスタートしました。四方払いは、もともと神道の儀式で四方を払い場を清める意味があます。家を建てるときに神主さんに四方を払ってもらう地鎮祭と同じです。

真剣でズバンっと藁を切る迫力で、会場は一気に緊張感に包まれました。

- Part1 東京外から目線 -

粋プロジェクトの代表メンバー徳橋功が運営する『東京の今を海外に伝えるメディアMy Eyes Tokyo』のコンテンツ『東京外から目線』は、スウェーデン人落語家ボルボ亭イケ也さんが和の達人をゲストとして招いてのトークショー。

日本語が判らない人でも楽しめるように英語と日本語で準備していたので、インターナショナルな会場でも和の本質に迫るトークが愉しめました。

今回のゲストはアート書道家の堀本虹馬先生。漢字の成り立ちをライブ書道で演じた後はボルボ亭イケ也さんとのトークショー。ボルボ亭イケ也さんの名前を書道で書くパフォーマンスも見せてくれました。

最後はボルボ亭イケ也さんに英語と日本語、両方の落語で締めていただきました。今回のイベント『響』の為に絶妙なアレンジを加えてくれた古典落語『平林』はリズム感がありとても愉快な落語でした。

出演/協力
アート書道家:堀本虹馬
インタビュー/落語:ボルボ亭イケ也
メディア:My Eyes Tokyo [日本語|English]
MC/コーディネーター:徳橋功

- Charity for Nepal -

粋プロジェクトの友人でネパール人のSuman Goraさん。日本に、そしてイベントに参加してくれた全ての人に、ネパール支援への感謝の気持をお話ししました。そして本イベントを一緒に作り上げてくれました。

粋プロジェクトは収益の全てと、出演者・出展者・運営メンバー・参加者からお預かりしたお金を認定NPO法人アジアチャイルドサポートに募金しました。詳しくは響 -hibiki- ネパール募金についてをご覧ください。

- 展示会場 -

日本文化をモチーフにした絵やアクセサリーから、ボリビア・コロンビアの工芸品まで展示してあり、和の祭典でありながらも国際色豊かな会場を演出してくれました。

- Part2 Bolivian - Colombian Carnival -

ボリビアの旅行会社Surtrek Ecuadorの武内裕子さんにご協力を頂き、ボリビアの魅力を紹介していただきました。

墨田区議会議員の井上ノエミさんも伝統的な衣装をまとい出演してくれました。

無形文化遺産のボリビアダンス、ディアブラーダ(悪魔の踊り)からはじまって、ボリビア・コロンビアの伝統的なダンスを披露していただきました。衣装がとても華やかで会場が一気に明るくなり、子供から大人まで楽しそうに踊っていたのがとても印象的でした。

出演/協力
プレゼンテーター:武内祐子 Surtrek Ecuador
井上ノエミ NPO法人 日本ラテンアメリカ友好協会

- Part3 萌芽 -いけばなLIVE -

月明かりが灯る夜更けから春の嵐を乗り越え新緑が芽生える早朝までの物語をいけばなで紡ぎました。

光とピアノの演出で幻想的な世界を創造。

伝統とテクノロジーの融合で本物をカジュアルに伝える。

そして、声明で春の嵐をしずめ清らかな世界へ。

萌芽 -いけばなLIVE- Movie

出演/協力
花:龍生派家元教授 今井 蒼泉 いけばな/龍生派 今井蒼泉
音:Michiko Nishi
映:RGB [Tomoyoshi Kato/Natsuko Takahashi/Kentaro Fuse]
声:佐藤隆一(スペシャルゲスト) 円能院

- フィナーレ -

Part1のライブペイントで書いた『響』とPart3のライブいけばなで完成した『萌芽』を合わせて、出演者・出展者、運営メンバーで一緒に記念撮影をしました。感動のフィナーレでした!!

運営メンバー

高橋正臣 / 小櫻悠太 / Suman Gora / 土渕正則 / Michiko Nishi / 今井蒼泉 / 徳橋功 / 永田勝也

写真:ワタナベトモエ

SNSでシェア

  • LINEで送る