socialbar

What's socialbar?

テーマは「芸術」「文化」「歴史」そして「世界」!!

ゆるっと飲みながらプレゼンテーターのお話を聞いて、参加者それぞれがディスカッションをする会です。 そうは言ってもプレゼンテーターは個性際立ったプロフェッショナルな専門家達ばかり。 どのプレゼンテーターの話を聞いていて熱くなるのは間違えない! ありふれた異業種交流会やワークショップでは得られない「知識」と「インスピレーション」をお土産に持って帰れるとってもスペシャルなプレゼンテーションBAR、そ れがsocialbar。 文化・芸術で面白いアイデアがある人や国際社会を意識している人同士で交流すればワクワクするような化学反応が起こるのでは?っと考えています。 そう、このフェイスブックもザッカーバーグが飲みながら作ったサービスですよね!

第七回 socialbar -HAC-

☆★プレゼンテーター ☆★

vol01 劉家男

劉家男

ALERT会の二東流(東北・東京)「青春18で東北へ行こう!」メンバー
来日間も無く8年目になります。中国の大学中退し、本当の日本を自分で確かめたいがゆえに来日しました。
趣味は青空を見つめてボウとすることと日本酒を勉強することです。
特技はうまくない書道です。沢山の方と交流したいので、気軽にお声掛けください。

一人の中国人視点で見た、中国のSNS事情
中日は近いようで、実際はお互いに理解し切れてていない部分が大きいです。
中国のトレンドはとても変わりやすいので、あなたは今の中国を知っていますか?
一緒に学び、中日関係を深めて行きましょう。
今回は貴重な機会を頂き、中国のSNS事情を一人の中国人の視点からお伝えできればと思います。

vol02 豊島秀俊

豊島秀俊

昭和51年生まれの40歳。 若い頃に、世界をまたにかける男になるんだと意気込み単身渡米してメキシコへ入国するも警察官に強盗、拉致され日本に逃げ帰ってしまったトラウマを抱えているしがない一般市民。
副業で漫画、イラストを描いている。(情報サイトWakuiroにて、漫画「乙っさん劇場」を不定期連載中!) かつて「一神教から見た日本文化」というテーマで、このSocialBarでプレゼンを経験しており、今回が2回目になる。

民族ロックde民俗学 ~ Travelling Without Moving ~ 【第一クール最終章】
人気企画にてシリーズ化!socialbar史上最も登壇回数の多い人気プレゼンテーター

vol03 鈴木壮

鈴木壮

明治17年創業の煎餅専門店、神田淡平(かんだあわへい)次期6代目
大学卒業後、京都にて3年間和菓子修業を経た後、実家に戻り後継修業中。趣味は柔道、バレーボール、骨董収集、歌舞伎鑑賞など

煎餅の歴史および基礎知識
煎餅の歴史および基礎知識。うるち米を粉にするところから煎餅が出来上がるまでを動画を見ながらご説明致します!

☆★概要☆★☆

場所

SOOO dramatic! 入谷
東京メトロ日比谷線「入谷駅」1番・2番出口から徒歩1分
JR山手線「鶯谷駅」南口から徒歩6分、「上野駅」入谷口から徒歩12分
※「SOOO dramatic!」の入り口は、大通り(昭和通り)の1本裏側です。
東京都台東区下谷1丁目11−15

日時

2017年7月1日(土) 17:30開場/18:00-20:50

参加費

一般:¥1,000-
学生:¥500-
留学生/ワーキングホリデー:無料

飲食 ドリンク類

・日本酒 (半合) 500円
・ソフトドリンク (1cup) 100円 (お茶・オレンジ)

タイムスケジュール

◎17:45 開場
◎18:00 開始
◎18:10 第一部
『一人の中国人視点で見た、中国のSNS事情』
コミュニケーションタイム
◎19:15頃 第二部
『民族ロックde民俗学 ~ Travelling Without Moving』
コミュニケーションタイム
◎20:10頃 第三部
『煎餅の歴史および基礎知識』
◎20:40 終了

詳細・お申込みはフェイスブックイベントページへ!

これまでのプレゼンテーター紹介

これまでのプレゼンテーターを読む



socialbar@KAGU LAB はこちら